子どもを学童保育に通わせるメリット

カテゴリ

新着記事リスト

2017年09月19日
もしものためにしておける事を更新。
2017年09月19日
学童クラブの事情と優先順位についてを更新。
2017年09月19日
学童を検討する際に知っておきたいポイントを更新。
2017年09月19日
安心して通わせられる学童クラブを更新。

カレンダー

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

学童保育の種類

皆さんは、学童保育というのはご存知でしょうか?学童保育というのは主に保護者が日中にいない小学生児童に対し、授業の終了後に保護者が迎えにくるまで代わりに預かり、児童の育成を図る保育事業です。この学童保育は、両親が共働きのご家庭のお子様が利用することが多く、特に東京では共働きの家庭が多いこともあり、学童保育を利用することも多いです。
そんな学童保育ですが、様々な種類があるのは知っていますか?皆さんがよくイメージするのが、学童クラブというものでこの学童クラブを利用するには、親が働いているということが条件になっています。その他にも、放課後子ども教室や民間学童保育というものがあり、放課後子ども教室は、学校の中の空き教室などを利用して行われます。そのため、在学している生徒ならば全員利用することができ親の就労とは関係なく通うことができます。
民間学童保育は、民間の学童保育で早朝や夜遅くにも柔軟に対応してくれるところもあり、働いている親にはとても助かる施設です。しかし、その分利用料金が高いので注意が必要です。このように、学童保育には様々な種類があり、自分の家庭に合わせた学童保育を選ぶことが重要になります。

東京の学童は保育園未経験の人も利用可能

東京の学童は保育園未経験の人でも利用可能です。学童を利用する人というのは働いていて、子供の学校が終わる頃までに帰宅できないことで利用することがほとんどですから、未就園児時も保育園の延長保育などを利用していた人がほとんどですが、小学校入学を機に働き始めるという人もいるものです。そういった人は子どもを預けるということに慣れておららず、要領良く利用できないということもありますが、そういった子供の年齢にあわせて途中から働くという人は増えているので、保育園未経験の人でも子供を預けるという選択を選んでみても良いでしょう。
預けられるということに慣れていないような子供であれば学童に慣れるのにも時間がかかることも多いですが、時期に慣れることも多いですし、学童に行っている間に宿題をこなすこともできるので、親にとっても負担が少なくなって良いと思えることもあるでしょう。子どもは大きくなるにつれてかかる費用というのもとても多くなってきますから、子供が小学校に入学したら働こうと思っている人も少なくないでしょう。学童を利用することによって経済的なこれからの負担も減らすことができるでしょう。学童であれば同じように働く母親仲間もできて良いです。

当社は幼少期に必要な力(見る力・聞く力・考える力・話す力・行う力)が養われるようにきめ細かく指導にあたっています。 学びの土台が未来の可能性を拡げるためお子様へ贈り物をどうぞ。 学童でよくある質問もご紹介しています。 エントランスでは会員カードのみ開く二重のセキュリティドアを整備し、不審者対策は万全です。 学童について詳しくはこちら

新着情報

もしものためにしておける事

東京の学童保育は概ね三年生まで 東京の学童保育には、自治体や自治体から依頼された企業が運営するクラ…

続きを読む

学童クラブの事情と優先順位について

東京の学童にも優先順位がある 子供が小さい時から働いているような人であれば、子供が小学校に入学して…

続きを読む

学童を検討する際に知っておきたいポイント

学童は東京だと事情が異なる 地方の小学校だと学童保育も小学校に入学するのと同じような感覚で楽に入れ…

続きを読む

安心して通わせられる学童クラブ

共働き東京在住者に学童クラブ利用のススメ 東京は、世界的に見ても人口密度の高い都市です。そして毎年…

続きを読む