学童を検討する際に知っておきたいポイント

カテゴリ

新着記事リスト

2017年09月19日
もしものためにしておける事を更新。
2017年09月19日
学童クラブの事情と優先順位についてを更新。
2017年09月19日
学童を検討する際に知っておきたいポイントを更新。
2017年09月19日
安心して通わせられる学童クラブを更新。

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

学童は東京だと事情が異なる

地方の小学校だと学童保育も小学校に入学するのと同じような感覚で楽に入れることも多いです。また、敷地に余裕があることで学童にいる間は子どもも気持ちに余裕をもって遊べるということもあるでしょう。ですが都心の学童だと入りたい人に対して施設や職員が足りないことで、希望している人すべてが学童保育を利用できないということもあるでしょう。ですから地方から東京に転勤してきたような人は、地方と東京との学童の在り方の差について悩むということもあるものです。
ですが、東京の学童は送り迎えが楽だということもあります。地方であれば小学校が離れていることで送迎が面倒になってしまうようなことも多いですし、送迎に時間がかかることで子供を迎えにいくのにも時間がかかってしまうようなこともあるものです。ですから地方の学童のメリットと東京の学童のメリット、両方良い点があるものです。
また、通勤が遠い人だと学童の送迎も遠いとそれだけで朝早く出たり、帰宅するのも遅くなってしまうことが多いので、できるだけ送迎に手間がかからないようにするためにも自転車を利用したり、荷物を少なくするなどのできることは多く取り入れていくようにすると良いでしょう。

東京の学童保育は年配の人との触れ合いにも

東京の学童保育は子どもを年配の人に触れさせるにも良いです。夫婦と子供世代だけで暮らすような人は多く、祖父母に子供を見てもらうのは年に数回程度しかないというようなこともあるものです。ですが学童に通うことによってそういった年配の人と接する機会が増え、目上の人への対応や尊敬する心が芽生えるというようなこともあるので、学童に通うことによってそういった普段接しない人と接する機会を作ってみても良いです。
特に現代では子供だけで外で遊んだり、知らない人に声をかけられたりかけることもない時代ですから、学童に行くことによってそうした今まで話したことがないような人と接する機会を作ってみても良いです。学童は高学年と低学年が触れ合う良い機会でもありますが、大人と子供が一緒に遊ぶ良い機会でもあります。
ですが、学童に入るには就業証明書などの働いている証明書なども必要になることが多いので、勤務しているところに証明書を書いてもらうことも必要です。申し込みする人が多いような学童施設であればフルタイムで働いている人でないとスムーズに入れないようなことも多いので、勤務時間にも注意が必要でしょう。少しでも有利なように勤務しましょう。

新着情報

もしものためにしておける事

東京の学童保育は概ね三年生まで 東京の学童保育には、自治体や自治体から依頼された企業が運営するクラ…

続きを読む

学童クラブの事情と優先順位について

東京の学童にも優先順位がある 子供が小さい時から働いているような人であれば、子供が小学校に入学して…

続きを読む

学童を検討する際に知っておきたいポイント

学童は東京だと事情が異なる 地方の小学校だと学童保育も小学校に入学するのと同じような感覚で楽に入れ…

続きを読む

安心して通わせられる学童クラブ

共働き東京在住者に学童クラブ利用のススメ 東京は、世界的に見ても人口密度の高い都市です。そして毎年…

続きを読む